数年前まで月に1回、公民館を借りて瞑想会を開いていたことがあった。

なかなかに大変な瞑想法なので、最初のうちはサボりがちだから
みんなで集まって指導テープを聞きながら
一緒に瞑想しましょうというものだった。
私もその瞑想法のコースを最初に受けたのはうんと昔でありながら、
日常で実践するにはかなりの時間がかかったので、
そうしたグループ瞑想会に参加させてもらった。
独りで瞑想することはできるようになったので、
今度は私がお手伝いする番だと、そういうものを開くようになった。

かれこれ4年くらい続けただろうか。
多い時で7,8人、誰も来ないときも1度あった
(「一人で借りられると困るんですけどね」と公民館の人には
嫌味を言われた)。

その中に、2年目くらいから、ほぼ毎月参加してくれた若い男性がいた。

毎回来てくれるので、コミュニケーションを図ろうかと
話しかけてみるのだけれど、どうも反応に乏しい。
どうやらお仲間らしい。

そういえば、類は友を呼ぶ、とかなんとかで、
私の開く瞑想会にはそうした人が多かった。
こちらからは必要最小限しか話しかけなかったし、
親しい人が来れば終わった後に一緒にご飯を食べたりはしていたけれど、
みんなが和気あいあいとしているような雰囲気はまったくなかった。
だから、そういう人たちは来やすかったのだと思う。
初めて参加してくれた知り合いには
「この瞑想会、おもしろーい。みんな終わると逃げるように帰っていくよね」
と言われた(それはそれでちょっと寂しかったんだけれども)。

その後、いろいろと思うことがあり、瞑想会をやめることにした。
最後の瞑想会のお知らせをこれまでの参加者にメールしたところ、
件の男性からメールがあった。

普段の無口さとは裏腹に、ずいぶんと長いメールで、
瞑想会が亡くなってしまうことを非常に残念がっていて
「心の支えだったのに」とあった。

そうまで言われてしまうと、やめることに対してむくむくと
罪悪感がこみ上げてきて、やっぱり続けるべきなんじゃないだろうかと
考え始めた。

私自身も、月1回であっても参加する瞑想会を
心の支えにしていた時期があった。
アスペルガーであれば、社会の中で生きていて、
やりきれなくなることはいっぱいある。
周りのみんなは上手くやっていて、
自分だけが馬鹿みたいに思えることもある。
そんなときに瞑想会に参加すると、
真摯に自分と向き合おうとする人たちがいて、
救われた気持ちになったものだった。
交流はごく薄いものであっても、そういう人たちの存在に救われた。

だから、彼の気持ちはわかる。
でも、やめようという私の決心は固かった。

(続く)

*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら





スポンサーサイト
それでも涙が止まらないことがある。

そんなときは、知っている限りのありとあらゆる方法を試してみる。
でも、それで日常生活がストップすることはない。
幸い独り者の自営業なのだ。
泣きながらでも仕事はする。
仕事をしなければホームレスだ。
そうこうしているうちに止まることも多い。

それでも止まらなければ、いっそのこと、
思いっきり泣ける映画でも観た方がいい。
(こういうときこそ深いものと浅いものの違いがよくわかる。
エンターテインメントと芸術が違うとわかる。)

それでも止まらなければ、ただ止まるのを待つ。
雨がいつかは止むように。
これもまた移りゆく、と。

肝心なことは、最低限やるべきことは何としてでもやること。
独りなのだ。自分で自分の面倒を看なければ誰も看てくれない。
これは実際に身体が壊れても同じこと。
高熱が出ても、自分で食事をつくり、身の回りのことをする。

そうこうしているうちに、強くなる。
何度も何度も、嫌というほどくじけるけれど、
早く人生が終わりにならないかなと思うこともあるけれど、
それを心掛けていると回復は早くなる。
自分を可哀想がっていても仕方がない。
可哀想だと思うなら、可哀想な自分のために何かをすること。

*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら

朝からさめざめと泣くことがある。

過去のいろんなことを思い出してあとからあとから涙が出てくる。
手に入らなかったもの、失った人間関係、
もう二度と会えなくなった大好きな人。

朝食を摂るとそれがピタリと止まる。

なんてことはない、単なる低血糖だった…。

*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら


先日、ようやくメディカルハーブの試験が終わり(出来は不明)、
それと同時に陶芸教室の発表会も終わった。

何しろ生徒の人数が少ないので、出たくないと言うわけにもいかない。
作った作品を何とかかき集めて、出してみた。
販売会でもあるので、値段を付ければ買ってくださる奇特な方もいる。

初日の準備だけ手伝いに行って、
あとは終了してから打ち上げだけ顔を出しに行った。
参加費と打ち上げ代をカバーできるくらいは売れてくれたらしい。ほっ。

別に陶芸家になりたくてやっているわけではないし、
出来上がったものは独りでは使い切れないので、
さっさと人にあげてしまったり(相手が喜んでいるかどうかは不明)
安い値段を付けて発表会で売ったりする。
台所の棚に眠っているより、どこかの誰かが可愛がってくれるほうがいい。

出来の良くない子どもたちだけれど、今頃、それぞれのお宅で
可愛がってもらってるのかなあ、なんて、想いをはせる。


お皿

お皿。

陶芸発表会

蓋がうねうねに反ってしまったので絵を描いて誤魔化した小物入れ。
どこぞのおばさまが「梅干しでも入れようかしら」と買っていってくださった。

セットで買っていってほしかったのに1つだけ売れ残ってしまったカップ。

1つ2時間近くかけて透かし彫りをしたのに、
6つのうち4つが壊れてしまったロウソクたて。
ちなみに生き残った2つも焼成のときに底にヒビが入ってしまった。
ロウソクをつけると透かし模様がきれいに壁に広がるはずが、
何だかいまいちぼやけてしまう。研究の余地あり。
でも、2つとも売れてくれた。何しろ、お安くしたし。

お皿は何枚か売れ残った。欲しい人は声掛けてね。

*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら


結婚といえば、御年104歳になる篠田桃紅さんは
自分は結婚して家庭に入ってやっていける人間ではないと
早々に己の性分を見極めて、得意だった書道で身を立てる決心をしたのだそう。

現在104歳といえば、大正生まれなのだから、
あの時代に女性が嫁がずに自力で生きていく決意をしたというのは
並大抵のことではない。
「絶対に結婚すること」という父親の遺言(すごい遺言だよね)にも従わず、
独身を貫いてきた。

テレビでドキュメンタリーを観たことがあるけれど、しゃんとしていて、
いかにも意志が強そうな人だという印象を受けたけれど、
自伝の『桃紅百年』を読んでみたら、意外とのほほんとしていて、
のんびりした感じだった。
そのマイペースさが長生きの秘訣なのかもしれない。

天才というのは、己の性分を早々に見極められる人のことなのかも。

天才には程遠い私は、なかなかにあきらめが悪いけれど、
このあきらめの悪さも性分と思ってあきらめるしかないか。


*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら

呪いといえば、思い出した。

30代の一時期、よく既婚の友人から
「早くいい人を見つけて幸せになってほしい」
というようなことを言われたけれど、
いつも呪いにかけられたような気分になったものだった。

別に深い意味はなく、ただ単に、言葉通りに受け取るべき
ものなのだろうけれど、
そうはわかりながらも、脳の配線に問題があって
言葉の受け取り方が少々おかしい私には、
「いい人を見つけて結婚しない限り、あなたはそのままでは幸せにはなれない」
と言われているように聞こえて、
「ううっ、また呪いをかけられてしまった」と思ったものだった。
親や親戚からも結婚していないことでダメ人間の烙印を押されていたし。

40代も半ばを過ぎた今となっては、誰にも呪いをかけられることはなくなったし
(それどころか、「結婚しなかったんだ」って勝手に過去形にされる)、
幸せの定義は人によって違うとわかっている。

実際のところ、「結婚=幸せ」という図式は古すぎるし、
そもそも成り立たない。
結婚=幸せ」ではなくて、「幸せな結婚=幸せ」
「不幸な結婚=不幸」なのではないのか。
結婚が幸せなものになるかどうかは当事者次第で、
結婚すれば無条件に幸せになれるわけではない。


昔、父親に「離婚してもいいから一度くらい結婚しろ」
と言われたことがあった。

以前、工場のラインの仕事をしたことがある。
業務用インクジェットプリンターのヘッドの最後の検査工程を担当していた。
検査で落ちたヘッドは「NG品」となるのだけれど、
ギリギリで検査に落ちてしまうものもあって、
そういったヘッドを、技術者にもう一度測ってくれと頼まれることがあった。

確かに、何度も測れば一度くらいはギリギリ合格することもある。
そうしたものを出荷していいのかというのは大いに疑問だけれど、
出荷数が足りず、どうしても間に合わせたいらしい。
一度出荷に出したものの、質が悪くて返品されてきたものは
「出戻り品」と呼ばれていた。

離婚してもいいから一度くらい結婚しろ」というのは
それと同じことかなという気がした。
「NG品」より「出戻り品」の方がマシなのだろう。
要は、娘の幸せより世間体が大事なのだ。

いわゆる「早くいい人見つけて幸せになってほしい」というのも、
結婚という「世間並み」が幸せという考えに基づいてるのかもしれない。


面白いことに、当時、私に呪いをかけた友人たちは
今ではほとんどが離婚している。

離婚をせずに長く結婚生活を続けている友人は
結婚生活は必ずしもいいことばかりではないことを
重々承知したうえで結婚生活を続けているから、
次のように言ってくれる。
「独りでいるのも、またよいよね」と。


*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら

そんなわけで、「よくなる」「治る」と信じるか、
「どうせよくならない」と信じるかは
実際の状態に影響を及ぼすのだと思う。

アンドルー・ワイルの『癒す心、治る力』に面白いことが書いてあった。
「悪くなる一方」「病気と共存するしかない」といった医者の言葉は
「呪い」とでもいうべき効果を発揮するのだとか。

「呪い」をかけられた患者は病気に立ち向かう気力がなくなる。
否定的なプラセボ効果だ。

だから、「発達障害は生まれつきだからよくなりません」
「努力してもできません」と言われれば、
努力する気にならないのは当たり前といえば当たり前だ。
それを専門家と言われる人たちが、
テレビで全国の発達障害当事者に向けて言っている。

みんな呪いにかかっちゃだめ。


*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら

その掲示板を見ているうちに、あんまり絶望的になってしまったし、
四六時中、病気のことばっかり考えているのも嫌だったので
見るのをやめた。

それで私は、自分なりの方法で治すすべを見つけようとした。
治らなくても、少しでも楽になれる方法はないかと探した。

漢方を試し、ホメオパシーを試し、フラワーエッセンス
(ブッシュフラワーエッセンスホメオパシー的な使い方ができるので
子宮内膜症用の組み合わせもあった)も試した。

書くと長くなるので、また別の機会に書くけれど、
それで生理痛はずいぶん軽減したので婦人科にすら通わなくなっていて、
あるとき検査を受けにいったら消えてしまっていた。
今では筋腫は残っているけれど、ローカーボ食にしてから
鎮痛剤もほとんどいらず、生理中であることを忘れるほどにまでなった。
かつてはのたうち回っていたのに。

掲示板の書き込みを信じて、治らないものとあきらめて
何も試していなかったら、今でも苦しんでいただろうと思う。

(続く)


*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら


なんだか昔から、当事者オフ会というものにも参加できず、
それほどまでに社会性が欠如しているのだと思っていたけれど、
そればかりではなかったのだとNHKスペシャルを観ていて思った。

あれもダメ、これもダメ、こんなに困っている。
そんな話ばかり聞いていると救いがなさすぎて希望がない。

あれ?このシチュエーション、そういえば以前にもあったような気がするな。

それで思い出した。

私は20代半ばで子宮内膜症と診断されたのだけれど、
当時はまだネットで情報を集められるような環境ではなかったので
子宮内膜症協会というところから冊子を取り寄せたら
恐ろし気な病気だとわかった。

でもホルモン療法はやりたくなかったので、そのまま放っておいたら悪化し、
30になってさらにひどくなって、
いよいよ自分の病を真剣に受け止めざるをえなくなった。

そのときに、ネットの当事者サイトの掲示板で情報を集めた。
現在、子宮内膜症の治療というのはどうなっているのか
まったく知らないけれど、
当時はホルモン療法をやっても再発するというケースがほとんどで、
経験者の書き込みを読むと絶望的な気分になった。

再発して、もう閉経まで治らないものとあきらめている人がほとんどで、
唯一、200万だったか、高額なレーザー治療を受けてすっかりよくなりました、
という人が一人いただけで、あとはお互いの大変さを慰め合っている
というような状況だった。

(続く)


*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら

NHKスペシャルと一連の番組を観て、ずいぶんと考えさせられた。

自分の中の発達障害的な要素を認識して改善するには、
まずは自己アイデンティティを「発達障害のある自分」というものに
変えなければならないけれど、
あくまで発達障害というのは自分の一部であって
「自分=発達障害」ではない。

でも、当事者の中には、発達障害と診断されたことで
発達障害というアイデンティティが全面化してしまう人がいるようだ。

診断されたばかり、自分の発達障害の問題に気づいたばかり、という人が
これも発達障害のせい、あれも発達障害のせい、と言いたくなるのはわかる。

でも、何年も経ってから自分の現状が変わらず相変わらず苦しさを訴え
理解を求めるというのは私にはちょっと理解できない。

ひと昔前と違って、発達障害を改善する情報はずいぶんと
入手できるようになったんじゃないかと思う。
相変わらず理解ばかり求める人たちというのは、
自分でそういう情報を探して活用したりしないんだろうかと不思議に思う。

吉濱ツトムさんだとか、花風社さんだとか、
発達障害の改善方法についての本をたくさん出してくれている。
そういったものを読んだりしないのだろうか。

私は十数年も前に診断を受けているけれども、
それ以前から、自分の苦しさを改善するために
いろんな方法を試してきた。

中にはフラワーエッセンスだとか、現代医学では効果が立証されていない
一見怪しげなものも試してみた。
そしてそれは実際によく効いたし、今でも好んで使っている。

自分の身体の感覚を延々と観察して、それに対して反応をしないという
瞑想法も20年以上行っている。
これは自分の身体を認識するのに役立ったし、
感覚に反応しない訓練をしてきたことで、
感覚過敏があってもそれに対して反応しないようになったので
苦しさは半分に減った。

感覚過敏は、睡眠の質がよくなったことでうんと軽減された。
(今でも、寝不足で脳の調子が悪い時に、電車の中で
赤ちゃんに泣きだされたりすると、「や~め~て~~」って
心の中で叫ぶけど。あれは脳にドリル。)

効果が科学的に立証されていないものであっても、
安価であれば試してみる価値は十分にあると思うのだけれど。
というか、何で試してみないのかがわからない。

「溺れる者は藁をもつかむ」というように、
楽になれるのであれば、何でも試してみればいいのに。
でも確かに、ある程度続けなければ効果はないから、努力は強いられる。
その努力が面倒だから、周りに理解を訴えた方が楽なのかもしれない。

だけど、発達障害者にやさしい社会なんていつやってくるのかわからない。
そうこうしているうちに歳をとっていく。
理解されないなんて嘆いているよりも、
さっさと自分の特性をきちんと理解し勉強して、
少しでもコツコツ努力していった方がずっといい。
どうしてもクリアできない部分は、
それをカバーできるように環境を少しずつ変えていったらいい。

発達障害の診断を受けるって、
それを効率よく行うためのものだと私は思っている。


*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら



プロフィール

Chandni

Author:Chandni
十数年前に確定診断を受けたアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障害)当事者です。当事者として、これまでの道のり、工夫していること、日々感じていること、取り組んでいること、その他いろいろ書いています。アスペルガー特有の変わった考え方や生き方の一例として、多少なりとも参考になれば、と思います。

長いこと変わった民族楽器に取り組んでいます。職業はフリーランスの医薬系実務翻訳者。現在、メディカルハーブとタロットを本格的に学んでいます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ