NHKスペシャルで特集するのかと、多少期待しつつも、
どうせ大したことないのでは、と思っていたら、
やっぱり大したことなかった。というよりがっくりきた。

感覚過敏に焦点を合わせていたのはいいけれど、
「数年前に研究によって解明しました」って、
十数年前にとっくにわかっていたことなのだけれど(笑)。
情報が古すぎる。

テレビ番組だから、「絵になる」当事者を選んだのだろうけれど、
あれではますます理解されない人が出てくるだろうな、と思った。
具体的な対策については何も語られず、
当事者にとっては得るものが何もない番組だったような気もする。

番組を見る前は、かつて私が自分の発達障害について打ち明けたときに
何を言ってるんだこいつは、とスルーした人たちも、
メジャーなNHKスペシャルの放送を観れば、
私が嘘を言っていたのではなかったとわかってくれるだろうと
淡い期待を抱いていたのだけれど、それは見事に打ち砕かれた。

あれを観た人たちは、やっぱりあの人がアスペルガーなわけないじゃない、
人の目を見て話せるし、ぬいぐるみが必要なわけでもない。
全然普通じゃない、と私のことを思ったに違いないだろう。

これでますますカミングアウトはできなくなった。
そういう人たちはいっぱいいるだろうと思う。
便宜は図ってもらえない。だからがんばるしかないのだ。
これまでもそうだったように。

でもそれで幸いかもしれないとも思う。
だって、努力すれば改善できるんだもの。
努力しても無理だって?本当にそうなのかな?
典型的なアスペルガーと診断されていながら、
年相応ではないかもしれないけれど、
支援を受けずに一応普通に社会生活を送っている私は
いったい何なのでしょうね?


*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら
スポンサーサイト
プロフィール

Chandni

Author:Chandni
十数年前に確定診断を受けたアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障害)当事者です。当事者として、これまでの道のり、工夫していること、日々感じていること、取り組んでいること、その他いろいろ書いています。アスペルガー特有の変わった考え方や生き方の一例として、多少なりとも参考になれば、と思います。

長いこと変わった民族楽器に取り組んでいます。職業はフリーランスの医薬系実務翻訳者。現在、メディカルハーブとタロットを本格的に学んでいます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ