スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せになってほしいという呪い

呪いといえば、思い出した。

30代の一時期、よく既婚の友人から
「早くいい人を見つけて幸せになってほしい」
というようなことを言われたけれど、
いつも呪いにかけられたような気分になったものだった。

別に深い意味はなく、ただ単に、言葉通りに受け取るべき
ものなのだろうけれど、
そうはわかりながらも、脳の配線に問題があって
言葉の受け取り方が少々おかしい私には、
「いい人を見つけて結婚しない限り、あなたはそのままでは幸せにはなれない」
と言われているように聞こえて、
「ううっ、また呪いをかけられてしまった」と思ったものだった。
親や親戚からも結婚していないことでダメ人間の烙印を押されていたし。

40代も半ばを過ぎた今となっては、誰にも呪いをかけられることはなくなったし
(それどころか、「結婚しなかったんだ」って勝手に過去形にされる)、
幸せの定義は人によって違うとわかっている。

実際のところ、「結婚=幸せ」という図式は古すぎるし、
そもそも成り立たない。
結婚=幸せ」ではなくて、「幸せな結婚=幸せ」
「不幸な結婚=不幸」なのではないのか。
結婚が幸せなものになるかどうかは当事者次第で、
結婚すれば無条件に幸せになれるわけではない。


昔、父親に「離婚してもいいから一度くらい結婚しろ」
と言われたことがあった。

以前、工場のラインの仕事をしたことがある。
業務用インクジェットプリンターのヘッドの最後の検査工程を担当していた。
検査で落ちたヘッドは「NG品」となるのだけれど、
ギリギリで検査に落ちてしまうものもあって、
そういったヘッドを、技術者にもう一度測ってくれと頼まれることがあった。

確かに、何度も測れば一度くらいはギリギリ合格することもある。
そうしたものを出荷していいのかというのは大いに疑問だけれど、
出荷数が足りず、どうしても間に合わせたいらしい。
一度出荷に出したものの、質が悪くて返品されてきたものは
「出戻り品」と呼ばれていた。

離婚してもいいから一度くらい結婚しろ」というのは
それと同じことかなという気がした。
「NG品」より「出戻り品」の方がマシなのだろう。
要は、娘の幸せより世間体が大事なのだ。

いわゆる「早くいい人見つけて幸せになってほしい」というのも、
結婚という「世間並み」が幸せという考えに基づいてるのかもしれない。


面白いことに、当時、私に呪いをかけた友人たちは
今ではほとんどが離婚している。

離婚をせずに長く結婚生活を続けている友人は
結婚生活は必ずしもいいことばかりではないことを
重々承知したうえで結婚生活を続けているから、
次のように言ってくれる。
「独りでいるのも、またよいよね」と。


*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Chandni

Author:Chandni
十数年前に確定診断を受けたアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障害)当事者です。当事者として、これまでの道のり、工夫していること、日々感じていること、取り組んでいること、その他いろいろ書いています。アスペルガー特有の変わった考え方や生き方の一例として、多少なりとも参考になれば、と思います。

長いこと変わった民族楽器に取り組んでいます。職業はフリーランスの医薬系実務翻訳者。現在、メディカルハーブとタロットを本格的に学んでいます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。