スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも雨が降るときは

それでも涙が止まらないことがある。

そんなときは、知っている限りのありとあらゆる方法を試してみる。
でも、それで日常生活がストップすることはない。
幸い独り者の自営業なのだ。
泣きながらでも仕事はする。
仕事をしなければホームレスだ。
そうこうしているうちに止まることも多い。

それでも止まらなければ、いっそのこと、
思いっきり泣ける映画でも観た方がいい。
(こういうときこそ深いものと浅いものの違いがよくわかる。
エンターテインメントと芸術が違うとわかる。)

それでも止まらなければ、ただ止まるのを待つ。
雨がいつかは止むように。
これもまた移りゆく、と。

肝心なことは、最低限やるべきことは何としてでもやること。
独りなのだ。自分で自分の面倒を看なければ誰も看てくれない。
これは実際に身体が壊れても同じこと。
高熱が出ても、自分で食事をつくり、身の回りのことをする。

そうこうしているうちに、強くなる。
何度も何度も、嫌というほどくじけるけれど、
早く人生が終わりにならないかなと思うこともあるけれど、
それを心掛けていると回復は早くなる。
自分を可哀想がっていても仕方がない。
可哀想だと思うなら、可哀想な自分のために何かをすること。

*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Chandni

Author:Chandni
十数年前に確定診断を受けたアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障害)当事者です。当事者として、これまでの道のり、工夫していること、日々感じていること、取り組んでいること、その他いろいろ書いています。アスペルガー特有の変わった考え方や生き方の一例として、多少なりとも参考になれば、と思います。

長いこと変わった民族楽器に取り組んでいます。職業はフリーランスの医薬系実務翻訳者。現在、メディカルハーブとタロットを本格的に学んでいます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。