スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の支えのリスク分散 その2

彼のメールの返事には次のように書いた。
心の支えはたくさんあったほうがいい、と。

私は拠りどころとするものは多ければ多いほどいいと思っている。
確かに、これが私のすべて、と言えるようなものがあるのは
美しいかもしれない。
でも、危険も大きい。

そのひとつを失ったときには立ち直るのが難しくなる。
アスペルガーであればなおさらだ。
拠りどころがいくつもあれば、ひとつを失ってもほかのものは残っている。
ひとつで煮詰まっても、別のところで気分転換を図れる。
ひとつの人間関係でつまづいても、ほかの人間関係で救われることもある。

拠りどころとなるものはなんだっていい。人じゃなくたって。
近所のネコだっていい。
散歩の途中で見かける草木でもいい。
そうしたものがひとつでも多くあれば、なんとか心は保っていられる。

そして、彼へのメールにはもうひとつ付け加えた。
瞑想修行に夢中になるのもいいけれど、
身近にいる人に寂しい思いはさせないようにしてください、と。
まだ若く見えるけれど、結婚指輪をしているのに気づいていたから。
拠りどころがなくなるなんて、奥さん聞いたら悲しむぞ。

最終回の当日、長いこと参加してくれた人たちに
何かお礼を、と思ってパンを焼いたのだけれど見事に失敗。
それで急遽、手作りの味噌をジップロックに詰めて渡した
(味噌あげるっていうのは変わってるかもしれないけど)。

件の彼からまたメールがあり、
アドバイス、大変参考になりました、ということと、
味噌が美味しかったので売っているならわけてほしい、とあった
(よっぽど、ろくな味噌を食べていなかったのだろう)。

それで、味噌は結構簡単に作れて、手作りならとても美味しいことと
味噌の作り方を教えてあげた。
家族で作るといい年中行事になりますよ、とも。

今頃彼は、家族と一緒に作った味噌を毎日食べているだろうか。
そうであってほしいな、と思う。

*****************************************************
人生の遅くになってからアスペルガー症候群の問題に
気づいた人に役立つ資料の翻訳はこちら



スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Chandni

Author:Chandni
十数年前に確定診断を受けたアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障害)当事者です。当事者として、これまでの道のり、工夫していること、日々感じていること、取り組んでいること、その他いろいろ書いています。アスペルガー特有の変わった考え方や生き方の一例として、多少なりとも参考になれば、と思います。

長いこと変わった民族楽器に取り組んでいます。職業はフリーランスの医薬系実務翻訳者。現在、メディカルハーブとタロットを本格的に学んでいます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。